phone045-530-5260
診療時間・アクセスkeyboard_arrow_right
最寄駅
たまプラーザ
バス停
保野・桜アベニューより約1分、保木薬師前より約3分

根管治療

根管治療について

dental clinic 神経まで達してしまった深い虫歯は、神経を取り除く治療が必要です。 神経を取り除いてしまえば痛みは治まりますが、ここで治療をやめてしまうと、歯の根っこ(根管)が腐ったり、歯がボロボロになって、最後には歯を抜かなければならなくなったりします。

根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管をきれいに掃除して、感染物質を除去する必要があります。そうした歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。 根管治療によって、根気よく、最後まで治療することが大切です。


根管治療の流れ

治療前、歯の根の中はたくさんの細菌の棲みか(虫歯)になっています。このままでは全体が腐ってしまいます。 そこで、まずは腐った部分を取り除き、ていねいな掃除と消毒をくり返します。膿が溜まっているときは、膿が出なくなるまで何回も行います。
以前の治療で詰めものが入っている場合は、さらに取り去る作業が加わり、時間がかかります。 次に、中に詰めものをして、芯になる「柱」を立てます。

最後に、型を取って被せものを作って装着すれば、しっかり咬める歯に復元します。 当院では、この根管治療を行うにあたり、マイクロスコープ・ルーペを用います。これにより細くて暗い管の内部を拡大し、光で照らして見ることが出来ます。手探りと勘に頼るのではなく、直接目で見ることにより確実な治療を行います。